読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップコーンラブ! -pops con lab!-

最近聴いてるCDについて

Jens Lekman『Life Will See You Now』 6.3

Life Will See You Now (Colour Vinyl) [Analog]

Life Will See You Now (Colour Vinyl) [Analog]

 

ジャンル:ポップス、ギター・ポップ、シンガーソングライター

スウェーデンのシンガーソングライター、イェンス・レークマンの新作。もしかして彼なりに流行に目配せをしてみたのか、今回はトロピカルでディスコな味付け。まあ全く南国っぽさもないし踊れもしない感じなのですけども。

フラワー・トラベリン・バンド『Made in Japan』 6.5

Made In Japan<2017リマスター>

Made In Japan<2017リマスター>

 

ジャンル:ニュー・ロック、サイケデリック・ロックハード・ロック

SHM-CDでリマスター再発されてたので聴いてみました、フラワー・トラベリン・バンドの3rdアルバム。1972年リリース。

Neil Young『Tonight's The Night』 6.6

今宵その夜

今宵その夜

 

ジャンル:ロック、カントリー・ロック、ブルース・ロック

75年リリースの6th。思わぬ良いアルバム。ニール・ヤングよくわかんなかったけどハマれる隙があるかもしれない。

℃-ute『⑧ Queen of J-POP』 6.1

8 Queen of J-POP

8 Queen of J-POP

 

ジャンル:アイドル、ポップス

2013年の8thアルバム。最初に「ベーグルにハム&チーズ」→「涙もでない悲しくもないなんにもしたくない」っていう熱量高めの曲が続いて「お、名盤!」って思ったのも束の間、次の「悲しき雨降り」でアレレ…ってなる。「悲しき雨降り」、リリース当時は普通に聴けたけど、今思うと何でこんな凡曲を…って感じがする。ハロプロは久しぶりに聴くと「こんなに名曲だったのか…!」という曲がたくさんある一方で、「こんなにショボい曲だったのか…」と思うのも結構あるよね。「涙もでない悲しくもないなんにもしたくない」のAメロのまいまいの歌唱が本当に好きで、結局僕の心の柔らかい場所を今でもまだ締め付けてくれるのは萩原舞さんの声なんだ。

水曜日のカンパネラ『SUPERMAN』 6.7

SUPERMAN (CD版)

SUPERMAN (CD版)

 

ジャンル:ポップス、テック・ハウス、ヒップ・ホップ

どうやらメジャーデビュー作だった前作はEP扱いだったらしい水曜日のカンパネラの真のメジャーデビューフルアルバム。もう相対性理論エピゴーネンっぽさは完全に払拭された圧の強いオリジナリティとなっております。ナンセンスなリリックはもちろん、コムアイのフロウそのものに脳みそをくすぐられるような快感があって唯一無二だなあと感心しきり。サウンド的には、トロピカル・ハウスだったりグライムだったりトラップっぽいブーミンなベースだったりちょっと流行りに目配せし過ぎかな思わなくもないのですが、まあポップで耳馴染みの良い好盤だと思いました。

The Ornette Coleman Double Quartet『Free Jazz』 7.4

ジャンル:フリー・ジャズ

フリー・ジャズの起源である61年作。最近SHM-CDが出てたので聴いてみました。

℃-ute『第七章「美しくってごめんね」』 5.5

第七章 美しくってごめんね

第七章 美しくってごめんね

 

ジャンル:アイドル、ポップス

℃-uteの2012年作。純粋なシングル曲は2曲だけだけどBerryz工房とのコラボ関係の曲が3曲、今までフィーチャーされることのなかった中島岡井萩原のソロ曲がそれぞれ1曲づつ、全員で歌っているアルバム曲が2曲の全10曲。どうにもコンピレーション色が強い内容でちと物足りなさがある。